長年連れ添った学習机を手放した日

学習机って持っていましたか?

私は今日、小学生になる前におじいちゃんに買ってもらった学習机を手放しました。おじいちゃん家の近くに大きな家具屋さんがあり「これにする!」と譲らなかった幼い私。
それから30年近く、私と共に人生を歩んできました。

小学生になって初めての宿題も、ラジオを聞きながらの試験勉強も、寝そうになりながらの受験勉強も、卒業論文も、最近のテレワークも…ずっと学習机と一緒でした。また、実家では姉と同じ部屋だったので、机の前にいる時だけが自分の空間が確保できてい気持ちになれたのでした。

学習机を手放そうと思ったきっかけはテレワークがまだまだ続きそうなこと。「テンションの上がる仕事部屋に模様替えしよう!」と思い立ち、机を新調する決断しました。
おじいちゃんに買ってもらって、長年連れ添って、思い入れのある机でしたが、例えば「次引っ越すときに持って行きたいか?」と聞かれたら「もういいかな…」と思うようになっていました。

粗大ゴミ置き場に持っていき、最後に机の表面を撫でた感触は忘れられません。

大袈裟かもしれないけれどこれまでの私の人生を支えてくれた学習机と、買ってくれたおじいちゃんには感謝の気持ちでいっぱいです。