整理収納に目覚めたきっかけ

f:id:nichi2korekounichi:20210123200229j:plain

私は今から10年前の2011年に整理収納アドバイザー1級を取得しました。

整理収納アドバイザーの方の発信を見ていると「インテリアのお仕事している」や「元汚部屋出身」などいろんな動機で整理収納アドバイザーを取得されているようですね。

私は、前々職で携わった業務から「スッキリした部屋だと思考もスッキリして、行動にも繋がっているのではないか」という仮説を立てたところから整理収納に興味を持ち、整理収納アドバイザーを取得するに至りました。


新卒で働き始めたのは、環境教育を行う非営利組織で、私は家庭での省エネを促す実践型の事業を担当していました。
具体的には、
①まず、環境活動に興味のある地域団体(自治会やPTAなど)を募る
②参加者宅に省エネナビを取り付け、参加者に省エネナビを気にせずに普段通りの生活を送ってもらう
③私たち非営利組織のメンバーが省エネの技を伝授
④参加者は省エネナビを意識しながら伝授された省エネの技を実践
⑤省エネの技伝授前(②)と伝授した後(④)の暮らしとを比較して、省エネ効果を実感し、今後の活かす
という流れのものでした。

私は、上記②の省エネナビの取り付けを、いわゆる”街の電気屋さん”に同行し、担当していた3年間で200軒近くのお宅にお邪魔しました。
省エネナビを取り付けは、ブレーカーの場所に案内していただいたり、家族が見える場所にナビを設置するので、玄関だけでなく家の中まで案内していただいていました。
この時、もはやコンセントがどこにあるかもわからないくらい物が溢れているお家や、キッチンに何も物が見当たらないほど綺麗なお家など、本当にいろんなお家を巡りました。(10年経っても、美しかった家は思い出せます。)

決してデータとして何か明確の数値が現れたわけでも、相関関係を検証したわけでもないのですが、「(私の感覚で)片付いているお宅は活動意欲が高く、省エネ効果が高い」ことが見えてきたのです!「空間スッキリ→思考スッキリ→行動しやすい」そう考え始めたのが整理収納に目覚めたきっかけです。(たまたまこの活動に興味を持ってくださっただけだったかもしれないのですが^^;)

この仕事をしていた時期と、おっとと結婚して暮らし始めたのが同じくらいの時期だったので、できるだけ物は少なく、スッキリ暮らしたいと思い、整理収納アドバイザーの勉強を始めました。

先日の記事を片付けと子どもの早寝の関連性を最近考えている - にちにち是好日書いていて、ふと整理収納に目覚めたきっかけも思い出していました^^