図書館行きたくなる仕掛け作り

f:id:nichi2korekounichi:20210320140220j:plain

図書館=「返却が面倒」という思考から、「図書館に行きたくなる!」となるにはちょっとした仕掛けを作ることが大切です。

我が家は2週間に1度土曜日に図書館に通っています。
図書館へは我が家から自転車で15分ちょいくらい。(雨の日はバスに乗っていきます)
毎回10~20冊ほど借りて帰ってきます。


図書館に行きたくなる仕掛けの
1つ目は読みたい本の予約をしておくこと!
2つ目は図書館で借りた本の置き場所を本棚に設けておくこと!
の2つです。

1つ目の予約に関して、予約するのも億劫だと思われる方もいらっしゃるとは思います。(以前は私もそうでした・・・)
でも一度予約を活用すると、これを使わない手はない!と気付きます^^
「本の返却に行かねば・・・」より「あの本を受け取りに行かねば!」の方が図書館へ行きたい気持ちが高まります。
例えば「14ひきの○○」シリーズの絵本を一冊借りてきたら、他のシリーズを次回に借りれるように予約したりします。(本の帯にシリーズ本が掲載されていたりしますよね?その掲載から予約をかけます)
また、新聞の書評欄やフリーペーパーのおすすめ絵本コーナーなどを見て、これは面白そう!という本を予約しています。
2週間後どうせ返却しなければならないのだから、楽しみを作っておくと通う気持ちが高まります^^

2つ目の図書館本の置き場に関して。
我が家では本棚一番下の左半分を図書館本置き場としています。
図書館の本を収める場所を持っておくだけで、
机の上に本が平積み・・・なんて事態を防ぐことができます。
図書館本を返却してこの場所が空っぽになると少し寂しい気持ちになるので、
また新しく借りてきた本を置きたくたります^^


年末年始はまたもSTAY HOMEな感じが漂ってきましたね・・・。
図書館の本をたくさん借りて、多読の冬休みにしたいものです。